前へ
次へ

賃貸マンションからの引越し

今まで借りていた賃貸マンションの借り換えを検討する場合には、今借りている賃貸マンションの契約更新の時期に行うのが良いでしょう。たいての賃貸マンションの契約更新は、契約をしてから2年後に設定されています。ですから、引越しを検討する場合は、このタイミングで行った方が無駄な出費を減らすことができるでしょう。どうしても引越しを急がないといけない状況であれば、契約更新の時期を待つことなく解約をしても良いですが、そんなに大きな理由がないのであれば、契約更新の時に更新をすることなく、引越しした方が良いです。契約更新のタイミングで更新せずに次の新居に引っ越しすることになった場合、更新料という無駄な出費が無くなります。家賃の1ヶ月分を支払うケースが多いですが、この金額がまるまる浮くことになったら、相当助かります。うまく契約更新の時から逆算して、早めに新居探しをスタートしておいた方が良いでしょう。時間をゆっくりかけることが大事です。

Page Top