前へ
次へ

賃貸マンションの相続について

賃貸マンションに関しては借りている側、または貸している側が契約中に死亡するケースがあります。この場合の法的な手続きはどうなるのか疑問に感じられますが、結論としては両者とも、法定相続人に権利が継承されるのが一般的です。借り手が亡くなった場合では、借家権が配偶者や子供らに引き継がれることになります。この場合、相続人が望めば契約は継続になるのが基本的でしょう。貸し手の方は死亡すると、当然にその財産や権利が配偶者や子供などに引き継がれていきます。相続放棄などの手段をとらなければ、相続人が経営権を引き継ぐと考えて良いでしょう。賃貸マンションの相続に関しては、例えば高齢者専用で相続人には承継させたくないと言うケースがあります。この場合は契約を途中で、使用貸借に切り替えていく手段が利用可能です。使用貸借を使っておけば借主に相続が発生しないため、現在の借り手が死亡すれば、そこで契約を終了できると言う特徴があります。

Page Top